ESET Online Scanner

セキュリティソフトメーカー ESET が提供する無料オンラインスキャンサービスで、メモリ・ドライブ・フォルダやファイルなどを指定したスキャンにも対応し、脅威を検出すると隔離し、削除することができます。

久しぶりに使ったらリンク先が変わっていたので、内容を整理して書き直しました。


Run ESET Online Scanner」をクリック。


Yes, I accept the Terms of Use.(使用条件を受け入れる)にチェックを入れ、「Start」をクリック。

この後
 アドオンのインストール画面が出たら 「
インストールする」をクリック
  または "アドオンを実行しようとしています・・・"画面なら 「
許可」をクリック。
 "このページを再表示するには・・・ "画面が出たら 「
再試行」をクリック、
 セキュリテイ警告画面が出たら 「
インストールする」をクリック して先に進みます。


Enable detection of potentially unwanted applications「潜在的に不必要なアプリケーションの探知(検出)を可能(有効)にする」を選択します。

Advanced settings
をクリックすると、こまかい設定が出来ます。

既定では、Remove found threats (脅威を見つけたら除去=隔離)と、Enable Anti-Stealth technology (アンチステルステクノロジを有効にする) にチェックが入っているので、そのまま 「Start」をクリックします。

その他の設定項目は、
Scan archives :圧縮ファイルをスキャン対象にする。
Scan for potentially unsafe applications :潜在的に危険なアプリケーション(リモート管理ツール・パスワードクラッキングファイルなどの悪意の目的に利用される恐れのあるアプリ)を検出する。
Current scan targets :スキャン対象フォルダを設定する。(既定ではメモリとローカルドライブが対象)
Use custom proxy settings :プロキシを設定する。


コンピュータへの変更を許可し、


パターンファイルをダウンロードし、


スキャンが始まります


スキャン完了。 
(脅威が検出されなかった時の表示画面)
終了時 スキャンに利用したパターンファイルを削除する場合は「Uninstall application on close」にチェックを入れますが、削除しなくてもいいと思うのでチェックを入れずに「Finish」をクリック。


Finish」のクリック後 インフォメーション画面になるので、右上の×をクリックして終了。



もし 脅威が検出された場合は・・・

List of found threats をクリックして内容を確認後、


Delete quarantined files (隔離されたファイルを削除)にチェックを入れ「Finish」をクリック、インフォメーション画面右上の×をクリックして終了です。

誤検出することもあります。

Scan for potentially unsafe applications ”潜在的に危険なアプリケーションを検出する”にチェックを追加し、ハードルを上げて再スキャンしてみました。


何か引っかかってます


21個も検出しました
List of found threats をクリック。


Dドライブに置いてあるフリーソフトのセットアップファイルを、 潜在的に危険なアプリと判定しています。
いずれも
Malwarebytes Anti-Malware では引っかからなかったんですけどね。
誤検出だと思います・・・
<<Back で戻ります。


Manage quarantine をクリックし、隔離したファイルの管理画面を表示します。


すべてのファイルを選択し、
Restore(元に戻す)をクリックし、<<Back で戻ります。


Finish」をクリック後、インフォメーション画面右上の×をクリックして終了です。

2015年10月20日

   サイトマップへ戻る                           トップページへ戻る