現在主流の 4096バイト/セクターのAFTハードディスクを、Vista や 7 に換装した際 トラブルことが多いようです。
 AFT(Advanced Format Technology)について調べなおして、自分なりにおさらいします。
 AFT対応HDDは、従来のHDD(非AFT)とは記録される物理的な最小単位が異なります。
 従来のHDDが1セクター
512バイトであるのに対し、AFT-HDDは1セクター4096(4K)バイトになっています。(HDDの大容量化に伴なう改良だそうです)

 OSとHDDの仲介をするHDDコントローラーのドライバーが、4K/セクターに対応していない場合にデータ読み取りの不整合が発生し、Windows update が出来ない・・・などの問題が起きます。
(リカバリできない・読み書き速度低下など、他にも影響あり)
 さらにバックアップツールなどでデータを移行した場合、AFT-HDDではデータへのアクセス単位が異なるため認証関連のファイルが正常に読み取れなくなることがある・・・とのこと。

 難しいことはわかりませんが、"ボタンの掛け違い" のようなもの・・・かなと思っています。

 SP1未適用の Vista、 7 の初期モデルは リカバリデータがAFTのHDDに対応していないので、いろいろトラブルわけ
(リカバリできない等)です。
 じゃあ SP1適用済みの Vista、 7 はどうかと言うと、リカバリは出来るけど、SP1未適用の機種と同じく バックアップツールなどでデータを移行した場合、ウインドウズ・アップデートが出来なかったり読み書き速度が低下することがあり、整合を取るため インテル・ラピッド・ストレージ・テクノロジーアライメント調整ツールが必要になります。

 Vista や 7 のHDD交換時は非AFTのHDDを使うのが一番無難ですが、AFT-HDD交換時の要領さえわかれば 私のようなビギナーでも容易に交換出来ます。
 
失敗は成功の元ですから・・・アマチュア精神で まず やってみることです


↓ ここから ↓

   2015年1月11日 追記
小生 すこし勘違いしていました。
4096バイト/セクターのHDDイコール AFT-HDDだと思っていましたが、4096バイト/セクターのHDDにも種類があるらしいのです。
物理的には 4096バイト/セクターであるが、エミュレートを行なう(擬似的に動作させる)ことによって 論理上 512バイト/セクターとして扱えるようにしたものが "4K-Advanced Format(4K-AFT)"、物理的・論理的共に 4096バイト/セクター のものを "4K ネイティブ"と呼ぶらしいです。(従来の、物理セクターが512バイトのHDDは 512ネイティブ
4K-AFTドライブは、512ネイティブHDDから 4KネイティブHDDに移行する際の"つなぎ"的な存在ということですか。
(Windows 8 以降は 4Kネイティブに対応) 
そうすると 4KネイティブのHDDは、Vista や 7 には使えないということになるんでしょうかねぇ。
現在 、512ネイティブHDD、4K-AFT-HDD、4KネイティブHDD が混在しているわけで、見極めるのも大変です。
今年 中頃には Windows 10 が出るようだし、7 のサポートが終わる2020年にはOSのバージョンは何になっているんでしょう。
Win 11 、Win12、? が出る頃には 4KネイティブHDDに切り替わっているんだろうなぁ。
4K-AFTドライブには AFマークが付いているので、512ネイティブとの見分けがつくとして、4K-AFTドライブと 4K-ネイティブドライブは どう区別すればいいのでしょうか。 
2TB以上で AFマークがないのが 4K-ネイティブドライブ・・・なのかなぁ?(素人判断w)。 ネットで検索しても はっきりした答えが見つかりませんでした。
              
コマンドプロンプトでの見分け方はこちら

自分なりに各タイプのHDDとOSの相性を整理してみました。
なにぶん  素人のオッサンが書き留めたものですので、決して鵜呑みにせず最終的には読者ご自身で確認(判断)してください。
512ネイティブ
(従来のHDD・非AFT)
4K-AFT
(512Eとも言う)
4K ネイティブ
物理
セクター
512バイト 4096バイト 4096バイト
論理
セクター
512バイト 512バイト 4096バイト
Windows
HDDを交換して
リカバリ
Service Pack 1
未適用
注5
×
×
Service Pack 1
適用済み

注1
×
コピーまたはクローンソフトでデータを移行して交換 Service Pack 1
未適用
注2
 
IRSTの導入&アライメントの調整が必要
×
Service Pack 1
適用済み
注3
 IRSTの導入&アライメントの調整が必要
×
Windows
Vista
HDDを交換して
リカバリ
Service Pack 1
未適用
注6 × ×
Service Pack 1
適用済み
×
コピーまたはクローンソフトでデータを移行して交換 Service Pack 1
未適用

 IRSTの導入&アライメントの調整が必要
×
Service Pack 1
適用済み
注4
 IRSTの導入&アライメントの調整が必要
×
Windows 8 以降
      ( IRST=インテル・ラピッド・ストレージ・テクノロジー)
過去のHDD交換成功事例(PCはいずれも富士通)
注1:A540/CX
注2:A540/B
注3:A540/CX
注4:NF/C50
注5:D550/A
注6:NF75U/V (※インターフェースが UltraATA (IDE) なので参考になりませんが・・・w)

↑ ここまで ↑



XPのサポート終了後、日立や東芝用のアライメント調整ツールの配布が終了しています。
http://www.hgst.com/ja/support/downloads


12月22日追記
WD (Western Digital)の調整ツールは、DL出来るようです。
http://support.wdc.com/product/download.asp?groupid=805&wdc_lang=jp


Vista や 7 に AFT-HDDを換装した場合、まだまだアライメント調整ツールが必要なのに、これから交換する時は困りますね。
  (アライメント調整に対応した有償版のコピーソフトがありますが・・・)

通販やヤフオクで物色する時のため、非AFTタイプの品番をネット上で調べ、自分なりに整理しました。


インターフェースは Serial ATA
なお 仕様については間違いがあるかもしれませんので、詳細はメーカー公式サイトでご確認ください。
3.5インチ 非AFTハードディスク
512バイト/セクター
2.5インチ 非AFTハードディスク
512バイト/セクター
    HGST  日立
日立製のハードディスクは、(バルク品番)下から4番目のアルファベットがEならAFT、
Aなら非AFTのようです。(例・HDS721050CL
A362、 HTS725050A9A364 )
   【バルク品番】 本体のみ・簡易包装
 HDS721050CLA662 500GB

 HDS721050CLA362
500GB
 HDS721010CLA332  1TB

 HDS723015BLA642 1.5TB
 
HDS723020BLA642  2TB

 HDS722020ALA330 
2TB

 HDS723030ALA640  3TB

 HDS5C3015ALA632 1.5TB
 HDS5C3020ALA632 
2TB
 HDS5C3030ALA630 
3TB

 
 

 

   【リテール品番】 箱入りパッケージ品
 0S02600
500GB
 0S02601 1TB
 0S02602 2TB
 0S03224 2TB
 0S03191 2TB
 0S03088 3TB

 0S03229 3TB




   【バルク品番】 本体のみ・簡易包装
 HTS725050A9A364
500GB
 HTS725032A9A364 320GB
 HTS725025A9A364
250GB
 HTS725016A9A364
160GB
 HTS725012A9A364
120GB
    回転数 7200rpm 厚さ 9.5mm

 HTS723232A7A364
320GB
 HTS723225A7A364
250GB
 HTS723216A7A364
160GB

    回転数 7200rpm 厚さ 7mm

 HTS545050B9A300 500GB
 HTS545040B9A300 400GB
 HTS545032B9A300
320GB

 HTS545025B9A300 250GB
 HTS545016B9A300 160GB
 HTS545012B9A300 120GB
    回転数 5400rpm 厚さ 9.5mm

 HTS543232A7A384 320GB
 HTS543225A7A384 250GB
 HTS543216A7A384 160GB
    回転数 5400rpm 厚さ 7mm

   【リテール品番】 箱入りパッケージ品
 Travelstar 7K750  (7200rpm)
 Travelstar 7K500  (7200rpm)
 Travelstar Z7K320 (7200rpm)
 Travelstar 5K750  (5400rpm)
 Travelstar 5K500.B (5400rom)
 Travelstar Z5K500 (5400rpm)
 Travelstar Z5K320 (5400rpm)

    WD (Western Digital)
 
 WD10EALX  
1TB
 WD7500AALX 750GB

 WD5000AAKX 500GB
 WD3200AAKX
320GB
 WD2500AAKX
250GB


 WD10EALS 1TB

 WD6400AAKS 640GB
 WD5000AAKS 500GB
 WD3200AAKS 320GB
 WD2500AAKS 250GB

 WD3200AAJS 320GB
 WD2500AAJS 250GB
 WD1600AAJS 160GB
 WD800AAJS  80GB

 WD5002AALX 500GB

 WD1002FAEX 1TB
 WD2002FAEX 2TB

 WD2002FYYZ 2TB
 WD3000FYYZ 3TB
 WD4000FYYZ
4TB

 WD3200BEVT 320GB
 
WD5000BEVT 500GB

 WD1600BEKT 160GB
 WD2500BEKT 250GB
 WD3200BEKT 320GB
 WD5000BEKT
500GB























    Seagate

 ST33000651AS 3TB
 ST32000641AS 2TB
 ST31000524   
1TB
 ST3500413AS 500GB
 ST3320413AS
320GB
 ST3500418AS
500GB
 ST31000524AS
1TB
























  Momentus 5400シリーズ(5400rpm)
 ST9640320AS  640GB
 ST9500325AS  500GB
 ST9500325ASG 500GB
 ST9500327AS  500GB
 ST9320325AS  320GB
 ST9250315A   250GB
 ST9250317AS  250GB
 ST9160314AS  160GB

  Momentus 7200シリーズ(7200rpm)
 ST9500420AS  500GB
 ST9500420ASG 500GB
 ST9500421AS  500GB
 ST9500422AS  500GB
 ST9320423AS  320GB
 ST9250410AS  250GB
 ST9250410ASG 250GB
 ST9250411AS  250GB
 ST9160412AS  160GB

  Momentus XTシリーズ(7200rpm)
 ST95005620AS 500GB (SSHD)

    東芝

東芝は3.5インチのハードディスクは製造していません。

 ・・・でしたが、2015年以降他社のハードディスク部門と統合後 3.5インチHDDも製造するようになりました。









































 MK6461GSY  640GB 7200rpm
 MK6461GSYG 640GB  
 MK6461GSYD 640GB  

 MK6465GSX  
640GB 5400rpm
 MK5056GSY  500GB 7200rpm
 MK5061GSY  
500GB  
 
MK5056GSYG 500GB  
 
MK5056GSYB 500GB  
 
MK5056GSYD 500GB  
 MK5065GSX  500GB 5400rom
 MK5076GSX
 500GB  
 MK3256GSY  320GB 7200rpm
 MK3261GSY  320GB  
 MK3261GSYG 320GB  
 MK3261GSYD 320GB  〃
 MK3265GSX  320GB 5400rpm
 
MK3276GSX  320GB  
 MK2556GSY  250GB 7200rom
 MK2561GSY  250GB  
 MK2561GSYG 250GB  
 
MK2561GSYB 250GB  
 
MK2561GSYD 250GB  
 MK2565GSX  250GB 5400rpm
 MHZ2250BS  250GB  
 MJA2250BH  250GB  

 MK1665GSX  160GB
 MK1656GSY  160GB
 MK1661GSY  160GB
 MHZ2120BS  120GB
 MHW2120BH  120GB

 320GB
 MK3252GSX
 MK3254GSY
 MK3254GSYF
 MK3255GSX
 MHZ2320BH
 MHZ2320BJ
 MHZ2320CJ
 MJA2320BH


東芝製のHDDは、MK・・・・GSX および MK・・・・GSY シリーズが非AFTのようです。
Amazonで価格を調べると、メーカーや機種によって価格にメチャクチャ ばらつきがあります。(12月19日現在)
まず 3.5インチですが、
WD5000AAKX
500GB \5720.
HDS721050CLA362
500GB \23800.
HDS721010CLA332
1TB \22400.
ST31000524AS
1TB \22240.
WD2020FAEX
2TB \48800.
WD3000FYYZ
3TB \28000,
2.5インチは、
WD3200BEKT
320GB \10780.
WD5000BEVT
500GB \12000.
MK5076GSX
500GB \7580.
MK5065GSX
500GB \28800.
HTS545050B9A300
500GB \25800.
価格は、人気度(信頼度・ブランド)・在庫状況などにより変動するでしょうが、同じ容量でも3倍から4倍ちかく格差があります。
一方AFTタイプは、3.5インチ 500GBが 4500〜6000円、1TBが 6100〜7000円。
2.5インチ 500GBが 4800〜5300円です。
やはり非AFTタイプは割高になっています。


                2014年12月19日
サイトマップへ戻る                             トップページへ戻る