ロスト・イン・トランスレーション



  2003年製作


  監督・脚本・製作
  ソフィア・コッポラ

  製作総指揮
  フランシス・フォード・コッポラ


  出演
  ビル・マーレイ
  スカーレット・ヨハンソン


ビル・マーレイつながりで選びました。
「ヴィンセントが教えてくれたこと」の11年前の製作なので、髪の毛も多いです。

CM撮影のため来日したハリウッドのベテラン俳優と、カメラマンの夫に帯同して来日した新妻の、異国で体験する淡い恋心と別れ。

      
トーキョーで、君に会えてよかった。

      
        ひとときの恋心 永遠の思い出


洋画の中に出てくる東京の街、雑踏、林立するネオンサイン・看板、ゲームセンター、パチンコ、カラオケ、選挙運動・・・などなど、外国人の目から見た日本も面白いです。。

監督のソフィア・コッポラは若い頃日本に滞在したことがあるそうで(短期か長期かは不明)、その時の体験も元になっています。

通訳する過程で大切な意味が失われてしまう。
彼 / 彼女 の心の空虚感は、親しい友や家族に伝えようとしても、なかなか伝わらない。
自分の心を誰にでも分かる言葉に翻訳しようとしても、大切なことが失われてしまう。
言葉だけではなく、男女間 夫婦間 若者と老人・・・など、人間関係における相互理解の難しさなどが描かれています。

この解説が参考になります。↓
http://www.eco.wakayama-u.ac.jp/ritornello/article.php?vol=10



 

スカーレット・ヨハンソンは1984年生まれなので、撮影当時は19歳くらいでしょうか。
身長が160センチで、日本人に混じっても目立ちませんね。

スカーレット・ヨハンソンの代表作のひとつです。
 

サイトマップへ戻る
「My 映画館 最近見たDVD」へ戻る                          トップページへ戻る