大統領の料理人




   2012年製作


 監督:クリスチャン・ヴァンサン


 出演:カトリーヌ・フロ
     ジャン・ドルメッソン

フランス大統領官邸(エリゼ宮)史上初の女性料理人として、1980年代に2年間、ミッテラン大統領に仕えたダニエル・デルプシュをモデルにしている。

フランスの片田舎で小さなレストランを営んでいた オルタンス・ラボリ は、(ジョエル・ロブションの推薦により)ある日突然 ミッテラン大統領の専属料理人に抜擢される。

大統領いわく、
技巧に走らず、無駄な装飾のない、シンプルで素朴な料理、素材の味を感じる懐かしい味を食べさせてほしい・・・。

周囲の嫉妬・やっかみ・専横にあいながらも、素朴な家庭料理をこよなく愛する大統領の厚い信頼を得るようになる。
しかし、大統領の健康管理や経費削減により、自由に料理を作れなくなったオルタンスは心身ともに疲れ果て、専属料理人を 2年で辞職する。

その後、オルタンスは南極のフランス観測基地で料理人となり、1年間の任期を無事に終える。
映画ではフランス観測基地での任期満了となる最後の 1日と、大統領専属料理人として過ごした 2年間が交互に描かれる。

オルタンスの料理を1年間食べることが出来た南極基地の隊員たちは、なんという幸せ者なんだ。

    
大統領を演じた ジャン・ドルメッソンは俳優ではなく、高名な哲学者とのこと。


サイトマップへ戻る
「My 映画館 最近見たDVD」へ戻る                          トップページへ戻る