バッファロー WHR-1166DHP2 ネット接続トラブル顛末記 〜
の続編です。

2015年12月27日に
WHR-1166DHP2 のファームウエアを更新し、ネットの切断トラブルは解決したと思っていたのに、年が明けて 2月15日夜 Vistaノートで YouTube を見ている時 突然画面が止まってしまい、もしやと思い "ネットワークと共有センター"を開いてみると、無線親機とインターネット間に×マーク・・・、ネットワーク診断は「DNSの構成に問題がある可能性があります」・・・ああぁ またかよぉ。
この日は、モデムと無線親機の電源を入れなおして元に戻りました。
が・・・次の16日にも 同じ状態になり、30分おきに接続が切れたり回復したりを繰り返します。

以前見つけておいた対策(グーグル パブリックDNSの使用)を試してみます。 ネタ元はこちら

※ 表示画面は Vista のものです。


タスクバーのネットワークアイコンを右クリックし "ネットワークと共有センターを開く"をクリック。

または コントロールパネルから、

"ネットワークの状態とタスクの表示"をクリック・・・

いずれの場合も次の画面になります。

"状態の表示"をクリック。

「ネットワーク接続の状態」画面が出るので、

"プロパティ"をクリック。

「ネットワーク接続のプロパティ」画面が出るので、

"インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)"を選択し、"プロパティ"をクリック。

「インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)のプロパティ」画面が出るので・・・

通常は "IPアドレスを自動的に取得する" "DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する" が選択されているはずです。


"次のDNSサーバーのアドレスを使う" を選択し、
  優先 DNS サーバーに 
8. 8. 8. 8
  代替 DNS サーバーに 
8. 8. 4. 4  と入力し、"OK"をクリック。

開いている画面を順に閉じて終了です。

 
復活ーー


必要ないかもしれませんが、この他に WHR-1166DHP2 の動作モードを AUTO から ROUTER に変更しました。
(取説では 通常使用時は AUTO を推奨しています)

なので 一番下のルーターランプが、"ルーター機能オンで動作中"を表すオレンジ色に点灯しています。


グーグル パブリックDNSを設定したのは
Vista だけで、7 や 10 は "IPアドレスを自動的に取得する" "DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する" のままです。
WHR-1166DHP2側の設定も、動作モード以外はいじっていません。

2月17日に設定してから1ヶ月以上経ちますが、ネット接続が途切れることはなくなりました。
専門的な知識がなく技術的な検証・裏付けをしたわけではないので、この方法のおかげで回復したのかどうかわかりません。
素人のおっさんが行なった一事例にすぎませんので、そのつもりでご覧ください。

その後 4月9日に WHR-1166DHP2 のファームウエアを更新。
 
(配布は4月7日付、Ver 2.20

これにて一件落着・・・してほしいですね。w

                      2016年4月10日



2016年 6月 8日、ファームウエア更新(
Ver 2.30



2016年11月28日、ファームウエア更新(
Ver 2.50



2016年12月16日、ファームウエア更新(
Ver 2.60
  先月更新したばかりなのに・・・、この機種 不具合多いのか?。


2017年 年明けに、サポート切れ間近の Vista ノートPCは使用終了し、WHR-1166DHP2 の動作モードを ROUTER から AUTO に戻しました。
現在は Win7 Win10 のPCを接続し使用中、ノートラブルです。



2017年 5月 6日、ファームウエア更新(Ver 2.90
ファームウエア未更新でも、何も問題ありませんでした。


サイトマップへ戻る                             トップページへ戻る