今年3月に開通した 近畿自動車道紀勢線 海山IC〜尾鷲北IC間を通りました。

船津地区の国道42号を右折し
進入します



すぐにトンネルです
(高丸山トンネル)




トンネルを出ると 銚子川
キャンプや川遊びには良い所です
”種まき権兵衛の里”や
”キャンプイン海山”があります

銚子川をわたると またトンネル
(馬越トンネル)

トンネルを出ると もう尾鷲、
県尾鷲庁舎が見えます

坂場の国道42号に出ます


坂場交差点 (反対側から)


今回の開通部分は 約6キロで、通行無料区間です。
急カーブの多い鷲毛峠をショートカットでき、所要時間も半分になります。

紀勢大内山IC−紀伊長島IC間が2012年度中に、
紀伊長島ICー海山IC間が2013年度中に開通予定です。

その他 熊野尾鷲道路 尾鷲北IC−尾鷲南IC間は2012年度事業着手、同じく 熊野尾鷲道路 三木里IC−大泊IC間は2013年度開通予定です。

一休みした後、尾鷲小学校を見に行きます。

完成間近? 利用は2学期から、それとも来年度からかな?


近くまで行かなかったけど、木造っぽいです



次は北浦(馬越峠の降り口)から中井町・林町を経て ”やのはま道”を目指します。

紀北町側から馬越峠を越え
墓地を縦断すると、この道へ出る

左の北川橋をわたる


ここから中井町と林町の通りを南進
(旧国道42号と重複)

林町の南詰めの手前の左角に・・・


旧林浦の在蔵(ざいくら)


紀州藩に納める年貢米や、飢饉に
備えた備蓄米などを収納した蔵

庚申祠 (山見茶屋跡)
馬越、八鬼山の両峠を見渡せる

やのはま道入り口までは
旧国道42号と重複

途中 中川をわたる


中学生時代は蟻の行列みたいに
この道を歩いたっけ

信号の先を左折し、いよいよ
やのはま道

やのはま道の案内板

矢の浜庚申




案内板 見っけ





案内板の字が消えているけど・・・


これが 「天台鳥薬」
(てんだいうやく)なのかな?

天台鳥薬 (てんだいうやく) とは、
クスノキ科の常緑かん木で、古来から強壮、神経痛などに効果のある漢方薬として使用されていた。

広い道を横切り、まっすぐ進む


この先 右へカーブ





「雁木(がんぎ)の家」の案内板



現在 人は住んでいないようです



雁木 とは、隣りの屋根からのしぶきや、台風・大雨の時の横降りを防ぐために軒下に付けられた木の覆い

今度は左折


左側に何かあるー


かわいい かまど、灰釜(はいがま)


枯れ草・枯れ葉・ゴミなどを燃やし、
肥料にする為の灰を作る焼却釜

細い道を横切り、案内板に従い進む


江戸時代 敷地の境界に積まれた
野面積の石垣







右折
元の古道は、ここからまっすぐ八鬼山
まで伸びていましたが、石油タンク群
建設時(昭和38年頃)に消失したそうです。

軽トラックの先に案内板が見える





左折








広場を左に見て、進む


右折


石油タンクが見えてくる
右折



石油タンクを左に見て、進む




この信号を左折して矢の川をわたり
八鬼山へと続く。
雨が降りそうだったので 八鬼山上り口まで行かず、引き返す。

信号の右手前にある
「矢浜宝篋印塔」
(やのはまほうきょういんとう)

”篋”の字の変換に苦労した
最後は手書き入力したけど・・・

尾鷲と南北朝の時代が繋がるなんて、全然知らなかった





峠を歩くのもいいけど、こういう道も
楽しいね。 
(峠越えするほど体力無いしw)




今も生活道として町の中に残る道を
地元の皆さんが整備したそうです。




                                               撮影日:2012年8月11日

サイトマップへ戻る

「尾鷲の風景」ページへ戻る                        トップページへもどる