2010年年末から2011年年始にかけ大荒れの天気でした。
12月31日、家を出る前から雪が降り出し伊賀神戸駅につく頃にはあたり一面真っ白です。

雪のため近鉄電車に8分遅れが出ていました。


伊賀鉄道 上野市駅

同 伊賀神戸駅

← 同
(この後元旦にかけて、伊賀市内で ところにより 15センチほど積もったそうです)

松阪まで来ると雪はありませんが風が強くJRの列車に15分ほど遅れが出ていました。

松阪から鳥羽行き快速に乗り、多気で新宮行きに乗り換えます。

多気駅




紀伊長島駅




50分遅れで尾鷲駅到着。
駅前の日通の事務所が
なくなってる

                                            2010年12月31日撮影


あくる日(元旦)は快晴、いつものように尾鷲市内をチャリンコでウロウロします。

坂場の交差点を西進




国道425号線の横に
工事中の道が・・・



取り付け道路 ?



山辺トンネルの方に
続いてる


山が削られている


山辺トンネル通行止め

どうも国道425号線の改良工事のようで、坂場交差点から山辺トンネル東側まで
近畿自動車道紀勢線・尾鷲北インター線を兼ねるようです。トンネルも取り崩されるようです。






だ そうです




やさか橋をわたり、
宮小の方へ行って
見よう



坂場倶楽部(集会所)も
きれいになっている








石段をあがった左側に
あった三角山は
撤去されていた



左の橋は宮坂橋・・・
だと思う


まっすぐ行くと
座の下


右折すると宮小の北側
(後ろ側)


途中の橋の奥には
土木事務所の官舎が
あった






手前には6年生3クラスと
図書室が入る棟があった

※1




現在の正門側から。
以前の正門は石段の
手前くらいにあった
(ハの字形のゆるい坂
だった)








宮ノ上幼稚園があった所が
駐車場になっている。右奥に
見えるのは尾鷲第二保育園。

※1の反対側から

尾鷲神社裏の北浦への
近道の石段



塀に沿って神社前へ



神社前の北川をわたり
狭い路地



何の蔵か知らないけど
昔のまま



次の角、左へ行くと
中井町の通りに出る


右へ行くと
駅の方向



奥へ進むと
元ロマン座
※2

左に見えてくる



洋画と成人映画の
専門館だった


※2地点から反対側へ、
右の空き地は元赤玉観光
があった所。
左側に駄菓子屋が
あった。



駅から下りてきて今町通り
の終端付近。
まっすぐ行くと大鷲館の
通り。左折すると中井町の
通りに出る。
※3



※3の左折側







※3を直進すると大鷲館
があった通り。左折すると
中井町の通りへ出る。



右角に大鷲館があった。現在はドラッグストア。
画像の左横に「由紀の店」という喫茶店があった。
(字が違うかも・・・読みは”ゆきのみせ”)

某サイトによると、昭和32年当時尾鷲には映画館が5館あったそうだが、記憶にあるのは3館のみ(大鷲館・ロマン座・大盛映画劇場(今まで「たいせいざ」と思っていた)、他に尾鷲東宝映画劇場・磐館(読み方もわからない) があったそうな。

                                             2011年1月1日撮影


地元紙によると2011年中に尾鷲小学校が改築されるそうなので写真を撮りに・・・ その後帰路につきます。



尾鷲市内の学校では一番古いのでは。
昭和29年・30年の建築物です。


木造校舎は建て直し予定










卒業して行く6年生児童が
出し合ったアイデアも設計に
反映されるそうで、今から
完成が待ち遠しいね。



シンボルの石段も補強して
残すそうな。
「誠の池」も整備して昔のように
水を張るのかなぁ。


「誠の池」という呼び名が
あるとは地元紙を読む
まで知らなかった。







鉄筋コンクリート校舎は
耐震補強の予定




中学校の同級生U君が設計した
中村山の天文科学館


紀望通り、海方向を望む


今町通り(現・栄町)


栄町から駅方向を望む


向井の高台からの眺め


尾鷲駅 
多気行き普通列車に
乗り帰路につく


紀北町海山区相賀を
流れる 銚子川の河口。
※4


三野瀬・紀伊長島間
古里海岸・・・かな?



←同左



紀伊長島



国道42号線と並走












荷坂から紀伊長島を望む



ところどころで近畿自動
車道紀勢線と交叉する



阿曽・滝原間の
大滝峡・・・?






多気で乗り換え



紀伊勝浦行き
南紀特急が発車





松阪駅
この特急ではなく後の
上本町行き急行に乗車



伊賀神戸で伊賀鉄道に
乗り換え。
雪はすっかり消えていた。

※4 銚子川
満潮時海水が逆流して淡水と混じりあい、下層に海の生物、上層に淡水の生物が観察出来ると以前ニュースステーションで松岡修造氏がレポートしていました。

                                                 2011年1月2日撮影



サイトマップへ戻る

「尾鷲の風景」ページへ戻る                        トップページへもどる