富士通 LIFEBOOK AH42/G をいじる C

     〜 ハードディスクをハイブリッドタイプに交換(換装)〜


富士通 LIFEBOOK AH42/G ハードディスクをハイブリッドタイプに交換(換装)
いろいろ迷った末、東芝 MQ02ABF050H に落ち着きました。

MQ02ABF050H は、キャッシュ用に 8GBのMLC型NANDフラッシュメモリを搭載し、高速性と大容量を両立した SSHD(ソリッド ステート ハイブリッドドライブ)です。

EaseUS Todo Backup Free 9.2でクローン作成して交換します。
ソフトは、公式サイトからDLするにはメルアドの入力が必要なので、「窓の杜」からダウンロードしました。

公式サイト: http://jp.easeus.com/backup-software/free.html
窓の杜: http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/easeustodobu/




ソフトインストール後、初回起動時 この表示が出るので、「後で」をクリック



「クローン」をクリック



ソース(クローン元)ディスクを指定して、「次へ」をクリック
 
※ クローン元ディスク(WD5000BEVT)は非AFTタイプ


ターゲット(クローン先)ディスクを指定し、"SSDに最適化"にもチェックを入れ、「次へ」をクリック
 
※ クローン先ディスク(MQ02ABF050H)はAFTタイプ


確認後、「実行」をクリック      
  ソースディスク、ターゲットディスク共に同容量(500GB)


「OK」をクリック



約70分で終了、「完了」をクリック


ハードディスクの交換は、PC底面のネジ(マウンタの固定も兼ねている)を2本抜いてカバーを開け マウンタに付いている引き手を左にずらすと、マウンタごと取り出せます。

交換後 パーティション開始オフセットを確認・・・

すべてのパーティション開始オフセットが 4096の倍数になっています。

Windows Update も問題ありませんでした。

CDM

交換後



交換前HDD

Seq(シーケンシャル)の書き込みの数値が若干落ちていますが、4K(ランダム)は読み書き共数値がUPしています。


 起動時間、速くなってます 
(^_^)


今まで 120秒〜180秒かかっていたのが、40秒前後になりました。


7 や 8 から無償アップグレード後、ハードウエアを大幅に変更するとライセンス認証が通らない・・・という記事があったんですが、

大丈夫でした。
ハードディスク程度なら、問題ないのかな。

                              2016年10月17日


サイトマップへ戻る                                  トップページへ戻る