ハードディスク変換接続ケーブル

今まで、ハードディスクのクローン作成やコピー時には、3.5インチは "タイムリー GROOVY SATA2-CASE3.5"を、2.5インチは メーカー不詳の変換ケーブルを使っていました。

3.5インチ用ハードディスクケース GROOVY SATA2-CASE3.5


メーカー不詳の
2.5インチ用変換ケーブル
先日 3.5インチHDDのクローン作成中にクローン先のディスクが突然マイコンピュータから消えてしまい、書き込みが出来ない状態になってしまいました。
接続ケーブルの電源を入れなおすと再び認識しますが、何度やっても書き込み中にクローン先のディスクが消えてしまいます。
ハードディスクの不良を疑いましたが、余っていた他のハードディスクで試しても結果が同じなので、きっとケース(
SATA2-CASE3.5)が不良なんでしょう。
結局クローン作成でのHDD交換をあきらめ、手間と時間がかかるリカバリを行ないました。
  (ウインドウズアップデートが面倒なんです・・・)

そんなわけで、今回あらたに接続ケーブルセットを購入しました。

内蔵用ハードディスクや CD/DVDドライブをUSB接続に出来るケーブルセット
タイムリー GROOVY "UD-505SA" 
2.5インチ、3.5インチ両用で、OSは Windows 8.1 まで対応しています。
Amazonで、1817円でした。






ACアダプタ ACコード SATAUSB変換ケーブル 説明書などが入っています。 (付属ケーブルが少し硬く、取り回しにやや不便)



ハードディスクに接続したら、ACコードをコンセントに差し USBケーブルをパソコンにつなぐだけです。
電源ケーブルには ON/OFF スイッチが、USBケーブルには動作ランプがあるので便利です。



                2015年3月


サイトマップへ戻る                               トップページへ戻る