富士通 ESPRIMO D551/DW
                             以前の記事はこちら
購入後 丸2年経過しました。
総使用時間が 4200時間になりますが、幸いにも ここまでノートラブル。

富士通のPCにはハードウエア診断ツールが用意されているので、この機会に使ってみました。

電源投入直後 F12キーを押し、起動メニューを表示させ、

<診断プログラム>を選択し、Enter。




適当なキーを押す。




CD/DVD/BD・キーボード・マウス にチェックを追加し、「実行」をクリック。


ハードディスクの診断にはちょっと時間がかかります(約10分)。


機械的トラブルはないようです。 「閉じる」をクリック。


「終了」をクリックして完了です。

簡易的な診断とはいえ、良い結果が出れば 少しは安心できますw。

今のところ ソフト面でも特にトラブルはないので、まだまだメインで使い続けられそうです。

ほこり取り用フィルターも、3ヶ月おきに取替えています。
その他 セキュリティ対策として
Malwarebytes Anti-Malwareオンラインスキャナの実行、ごみ掃除のための CCleaner などを適時 実施しています。

Crystal Disk InfoのHDD診断でも、問題なさそう。
ほこり取り用フィルターを付けてから、HDDの温度が1〜2℃高くなったような気がしますが、それでも十分低温です。

ハードディスクの交換は1年後でもいいかなぁ・・・。


バックアップ代わりにクローンを作成してあるけど、時々更新しておきましょうかね。

2015年7月1日

サイトマップへ戻る                                   トップページへ戻る