2019年 謹賀新年



平成もあと4ヶ月、5月から年号が変わります。

寒波を心配しましたが尾鷲はポカポカ日和で、伊賀に比べると春のような)天気です。

食べて飲むばかりなので、運動がてらチャリでウロウロします。


北川河口から上流を望む


川原町、防潮扉があります


知古町(じろこまち)?


この辺は狭い路地が多い





港町一帯の旧町名は新川原町、川原町、知古町(じろこまち)、北町、明慶町、世古町などがありました。
(記憶違いがあればご容赦ください)



「汽船扱所」の看板

この近くに内山病院や
パン屋さんがありました











堺橋

30mほど下流に明慶橋があります





中井町通り
観光物産協会あたりには、農協、その前は郵便局がありました

堺橋は土井町と南町の間に架かる橋で、元々は「佐次兵衛橋」。
下を流れる川(用水路)が中井浦と南浦の境界なので、堺橋と呼ばれるようになった。

旧尾鷲町之昔語 (ふるい おわせまちの むかしがたり) PDF 参照


左角は呉服店



熊野古道を歩く人の休憩処



少し奥の右側にスポーツ用品の店がありました 「ナガタニスポーツ」
右角は元薬局


川原町  この先は魚市場




この先は 大島元橋




この辺にあった質屋さんで質流れのセイコー5を買ったことがあります
(移転しましたが)酒屋さんもあったなあ「吉長」

中井町の通りから細い道へ・・・

このあたりは、旧禰宜町(ねぎまち)?


この建物は子供時代と変わらないね

この辺は 旧堀町?



今はガレージとして使われていました
右側に履物屋さんがあり、運動靴などを買ってもらいました



放置された廃屋
台風が来たら大丈夫なのかなあ


このあたりには 自転車店、和菓子店、酒店、旅館などがありました

この先は旧赤玉観光の裏通り


ロマン座の横


ロマン座の前


栄華の跡


ロマン座の裏通り


子供時代からある酒屋さん


酒屋さんの隣りにあった床屋さんに、
小学生のころ通っていました 「栃尾理容」


この先は文治橋



かしわ(鶏肉)屋さんやパン屋さん(西尾パン)があったあたりです


やさか橋から見た北川が直角に曲がる所、コンクリートの護岸の下に 真田堤 があります



      尾鷲三田火力発電所

  2018年度で廃止され、2019年4月から
  (3年がかりで)解体工事が始まります。

2019年3月3日追記
解体工事は2月4日から始まったようです。
2月27日には2号機タービン建屋の変圧器から出火。






完成したのが1964年 東京五輪の年で、当時中学1年生でした。
五輪に合わせて我が家も(月賦で・・・当時はローンなどなかった・・・)テレビを買いました。
(もちろん白黒です)

跡地はどうなるんでしょう?。
尾鷲市、尾鷲商工会議所、中部電力の3者が跡地利用を検討する協議会を設立。
今年度中にマスタープランの策定を進める方針で、市は約63万4000平方メートルの用地活用について市民から意見や提案を募集している。

「小さな木質バイオマス発電施設や、ごみ処理施設の建設を念頭に協議に入っている」との報道もあり、市民の意見や提案は反映されるのでしょうか?。

                                 2019年1月2日撮影


サイトマップへ戻る
「尾鷲の風景」へ戻る                                 トップページへ戻る