SSD交換(換装)#3 その1

3個目のSSDは・・・
 
SK hynix HFS128G32MNB (128GB MLCタイプ)

#2で交換した A550/Bの 850EVO と載せ換えて、850EVOはデスクトップ(D551/DW)に使う予定です。
なので 今回は、SSDからSSDへの換装になります。

富士通 LIFEBOOK A550/B + SK hynix HFS128G32MNB

前準備として、850EVO(250GB)のパーティションのサイズをEaseUS Pratition Master Free Editionを使って変更します。

「パーティション管理」をクリック


Cドライブを選択し、「パーティションのサイズを調整 或いはパーティションを移動する」をクリック
(Cドライブを右クリック ⇒ 「パーティションのサイズを調整 或いはパーティションを移動する」をクリックでも可)


矢印のところをドラッグするか、楕円印のところの▲▼でサイズを変更し「OK」をクリック


Cドライブ(パーティション)を110GBに設定しました。画面左上の
をクリック


「はい」をクリック


「はい」をクリック

再起動後

パーティションのサイズ変更 無事終了


SK hynix HFS128G32MNB を A550/B に接続し、

初期化とフォーマットを実行します。

コンピュータ ⇒ 管理 ⇒ 記憶域 ⇒ ディスクの管理 の順に開き、

「不明・・・初期化されていません」の状態なので、まず初期化します。
パーティションスタイルが
MBR になっているのを確認し、「OK」をクリック
(ここが GPT になっていると、後々トラブるようです)

初期化が終わったら

「ベーシック・・・オンライン」状態になります。
「未割り当て部分」を右クリックし 「新しいシンプルボリューム」を選択し クリック.


「次へ」をクリック


「次へ」をクリック


「次へ」をクリック


「次へ」をクリック


「完了」をクリックして、

初期化&フォーマット終了です。


クローン作成作業 開始

EaseUS Todo Backup 起動


「後で」をクリック


「クローン」をクリック


ソース(クローン元)ディスクを選択し 「次へ」をクリック


ターゲット(クローン先)ディスクを選択、"SSDに最適化"にチェックをいれ 「次へ」をクリック


「実行」をクリック


「OK」をクリック




SSDからSSDへのクローンは速いねえ! 約19分で終了。

入れ換える前に 850EVO の現況

約2ヶ月使用して 書込み量 530GB でした。


入れ換えます



後はネジ止めし、バッテリーを戻して 交換完了。

無事 起動して




Crystal Disk Info も SSD Life も総書込み量は表示しませんね
SK hynix専用のソフトを探しましょうか。


パーティション開始オフセットは どうかな

1048576 になると思ったのに 32768 ・・・、でも 4096 の倍数にはなってます

管理者としてコマンドプロンプトを実行

fsutil fsinfo ntfsinfo c: と入力し Enter


このSSDは 512バイト/セクター なのか? 

次は CDM

850EVOと同程度の速度は出ているし・・・


Windows Defender の手動更新も出来るし・・・


update も問題なさそうだし・・・ ま OK牧場でしょう。


Cドライブの使用状況・・・

ウェブページ閲覧とメールくらいしか使わないし、残しておきたいデータ・ファイルは外付けハードディスクに保存するので、これで充分です。

未割り当て領域は、オーバープロビジョニング(余剰領域)分です。

                                  2017年2月24日
その2 へ続く

サイトマップへ戻る                            トップページへ戻る