今回は・・・ AFT-HDDからAFT(ハイブリッド)-HDDへの換装です。
AFTどうしの場合、パーティション開始オフセットは何バイトになるのか
(4096、32256、1048576、2097152 )、アライメント調整は必要なのか否か・・・などについて興味があったので試してみました。
実施PCは、いじり用の新顔 富士通 A540/B です。

  

クローン/コピー元ディスクは、日立HTS545050A7E380 (4K-AFT)
A540/Bに元々入っていた非AFT(512ネイティブ)160GBから、IRST導入〜クローン作成〜アライメント調整〜などを経て交換したHDDです。

クローン/コピー先ディスクは、東芝 MQ01ABD100H (4K-AFT ハイブリッド)
前回の A540/CX のデータが残っているので、IO DATA の ハードディスクフォーマッタ でフォーマットしました。

作業 #1 EaseUS Todo Backup (ver 5.5)でクローンを作成して交換します。



"SSD用に最適化"にはチェックをいれませんでした


EaseUS Todo Backup の使い方は こちら

40分ほどで完了
HDDの取り外し・交換方法は こちら



電源を入れると・・・ありゃぁー、 エラー表示ですねぇ・・・
Windowsを開始できませんでした。最近のハードウェアまたはソフトウェアの変更が原因の可能性があります。問題を修正するには次の方法があります。

 1. Windowsのインストールディスクを挿入してコンピューターを再起動します。
 2. 言語の設定を選んでから、[次へ]をクリックします。
 3. [コンピューターの修復]をクリックします。

このディスクがない場合は、システム管理者またはコンピューターの製造元にお問い合わせください。

状態: 0xc000000e
情報: 要求されたデバイスにアクセスできないため、ブートの選択でエラーが発生し    ました。
エラーコード 0xc000000e を検索すると、ブート(OS起動)に関するトラブルのようで、私にはお手上げです。
即 あきらめてw、次策
(Hard Disk Manager でコピー)に切り替えます。
HDDを元に戻し、IO DATA のディスクフォーマッタでフォーマットしてやり直します。

作業
#2 Hard Disk Manager でコピーします。

詳しくは こちら

45分ほどでコピー完了。 HDD入れ替え。 今度は無事 起動!!


パーティション開始オフセットは、32256バイト。
元々Hard Disk Manager のバージョンが古い
(8年ほど前に買った外付けハードディスクに付属していた)ので、期待してませんでしたけど。
パーティション #0 #1 #2 (赤線部分)は4096の倍数ではないけど、#3(青線部分)は4096の倍数になっています。?

EaseUS Todo Backup で成功していれば、1048576バイトになっていたのかなあ?。


同じ割合でサイズを変更・・・するはずだったのに、Cドライブの容量が変わっていない、 その分が "未割り当て"で残っています?。


一番大事な Windows update

問題ないようで、ちょっと安心。

アライメントの調整が必要なのか確かめるため、(東芝用の) Paragon Alignment Tool を開きます。詳しくは こちら

調整が必要なようなので、実行します。

ローカルディスク (F:)と(パーティション 2)の調整が済んだところでエラーメッセージが出て終了、再起動。

もう一度、ローカルディスク (C:)(D:)をやり直します。 (前回と同じ)


無事 終わりました。 けっこう時間がかかりました。    


すべてのパーティションの開始オフセットが 4096 の倍数になっているので、まぁ 成功・・・ということに しておきます。


Windows update もOK。


EaseUS Todo Backup でクローンを作成して交換・・・パーティションの開始オフセットが 1048576バイトになり、すんなり成功・・・と思っていましたが、思い通りには行きませんねw。

今日はこの作業で半日遊んでいましたw。

                          2015年1月18日


素人が個人的興味により行なった交換事例ですので、決して鵜呑みにせず参考程度と思ってください。
非AFT&AFT-HDDから AFTハイブリッドハードディスクへの交換 ・ まとめ
 今回 (H 2)
 AFTからAFTハイブリッド
 前回 (H 1) 非AFTからAFTハイブリッド
  富士通 LIFEBOOK A540/B   富士通 LIFEBOOK A540/CX
 クローン元ディスク  
 4K-AFT 日立HTS545050A7E380

(※元々入っていた 512ネイティブ-160GBから、クローン作成・IRST導入・アライメント調整などを経て交換したHDD)
 512ネイティブ 日立HTS545032B9A300
 クローン先ディスク  4K-AFT ハイブリッド
  東芝 MQ01ABD100H
 4K-AFT ハイブリッド
  東芝 MQ01ABD100H
インテル・ラピッド・ストレージ・テクノロジー  クローン元HDDに インストール済み  クローン元HDDに インストール済み
クローン/コピー作成ソフト  Hard Disk Manager

 IO DATAの外付けHDDに
 付属していたソフト 

 EaseUS Todo Backup ver5.5


クローン作成時の設定で "SSDに最適化"にチェックをいれない

換装直後のパーティション開始オフセット  32256バイト
 32256バイト
Paragon Alignment Tool 東芝 Edition で
アライメント調整後のパーティション開始オフセット
 2097152バイト
すべてのパーティションの開始オフセットが4096の倍数になっている
 2097152バイト
すべてのパーティションの開始オフセットが4096の倍数になっている
 Windows update パーティション開始オフセットが、32256バイト時、2097152バイト時 ともに OK牧場 パーティション開始オフセットが、32256バイト時、2097152バイト時 ともに OK牧場
 Crystal Disk Mark














 Seq=Sequential
シーケンシャルアクセスは
連続している領域への読み書き


 512K・4K・4KQD32 はランダムアクセス。
分散化している領域への読み書き










アライメント調整後は、特に 512K・4K・4KQD32 の書き込み速度の数値が良く(速く)なります











交換前 日立HTS545050A7E380
シーケンシャルの書き込みだけは
ハイブリッドに負けてない



交換直後 アライメント未調整


アライメント調整後
なぜかCドライブの使用領域が20GBに
減ってるんだけど??


交換前 日立HTS545032B9A300






交換直後 アライメント未調整




アライメント調整後


 PC起動

(連続して5回計測 ・ 秒)

 交換前: 70-64-65-65-66  交換前: 72-73-70-70-68
 交換後: 51-49-50-48-53  交換後: 58-56-63-63-61
 PCシャットダウン

(連続して5回計測 ・ 秒)
 交換前: 18-17-17-19-17  交換前: 17-16-16-16-17
 交換後: 15-13-14-13-13  交換後: 15-14-14-13-13
サイトマップへ戻る                               トップページへ戻る